【業種別 働き方改革】教育・学習業編|Office 365

働き方改革 医療・福祉業バナー

働き方改革は、日々の業務改革から

「働き方改革」の一環として、まずは日々の業務を見直すことから始めましょう。
日々の業務効率を上げることができれば、オフィスコストの削減やワークライフバランスの実現、生産性の向上などたくさんのメリットが生まれます。 ピーピーティーでは、働き方改革活用のポイントをご紹介いたします。

【日々の業務を見直してみましょう ~教育・学習業編~】

① 同時編集による教材・文章作成ができれば、共同作業を円滑に進めることができる
② 生徒の意見を収集することで、塾や先生に対する満足度や、授業やカリキュラムに対する評価・改善点を把握することができる
③ 予習・復習など、場所や時間に囚われず継続的に生徒のペースで学習ができる

【教育・学習業】 Office 365 シーン別使用例 紹介


【 1. 教材共同開発 】

同時編集による教材の編集・管理が可能

Office365 教材共同開発

教材企画開発に伴って、同時に話し合いながら作業を進めることで、意思統一が図れ、作業効率も向上し、後の修正等も軽減されます。

【 2. 予習復習教材 】

教材などの資料をアップロード・ダウンロード・共有

Office365 予習復習教材

講師は教材をアップロード・ダウンロード・共有でき、生徒は時間や場所に囚われずタブレットから予習・復習ができます。

【 3. 授業アンケート 】

タブレットから簡単にアンケートが収集できる

Office365 授業アンケート

「授業アンケート」は、誰でも簡単にアンケートを作成・集計できるアプリです。また、入力画面もシンプルで分かりやすく、集計作業も自動で行うため、面倒な集計の手間もかかりません。 生徒にアンケートを実施することで、学校や先生・授業に対する満足度を把握することができます。

【 4. 教材開発プロジェクト 】

教材開発に関わる工程を一元管理できる

Office365 教材開発プロジェクト

教材開発に関わる工程を一元管理することで、開発に関わるメンバー全体の認識も統一され、連携がより深まります。 また、常に最新の情報を一元管理できるので、作業効率も向上します。

【 5. 授業時間割 】

各スクールの授業も本部で一括管理が可能

Office365 授業時間割

いつ、どのスクールでどんな授業を行うのか、本部で一括管理してみることができます。授業内容を把握できるので 問合せの対応やトラブルの対処も本部でスムーズに行うことができます。

【 6. 本部お知らせ 】

多様な伝達方法も、シンプルに集約

Office365 本部からのお知らせ

授業や面談のお知らせなど、情報をまとめて確実に伝えることができます。また、入力方法もシンプルで分かりやすいです。

Office 365 教育・学習業向けテンプレート

本部・拠点・企画開発・学習ポータルの4つのサイトコレクションと、
そこに20種類の豊富なアプリが提供されています。

【本部】
全体カレンダー/総務部からのお知らせ/人事部からのお知らせ/ 全社ドキュメント/本部からのお知らせ/生徒名簿/注目リンク
【拠点】
授業時間割(全て・教室A・教室B)/授業関連お知らせ/講師ディスカッション
【企画開発】
教材開発プロジェクト/教材共同開発/学習教材ドキュメント
【学習ポータル】
塾からのお知らせ/予習・復習教材/授業アンケート(数学・国語・英語)

金融・保険業ページを見る ⇒

PAGE TOP